脱毛サロン

脱毛サロン > 脱毛サロンでのニードル脱毛のデメリット

脱毛サロンでのニードル脱毛のデメリット

できるだけ完璧に脱毛をしたいと思っている人に選択されているのが、ニードル脱毛と呼ばれる方法です。 これは針脱毛とも呼ばれる方法で、永久脱毛の代表的な方法としても知られています。 毛穴に細い針を差し込み、そこに電気を通して毛根を破壊することによってムダ毛を処理する方法です。

永久脱毛をするためには、毛根を破壊するしかありません。 ニードル脱毛は、その他の脱毛方法に比べて毛根が破壊できる可能性が高いため、一生つるつるの肌を目指しているという人には最適な方法だと言えるでしょう。

しかし、そんな魅力的なニードル脱毛にもいくつかのデメリットがあります。 手軽にキレイな肌を手に入れることができる方法ではないのです。 とにかく大きなデメリットとして挙げられるのが、痛みが激しいということです。 あまりにも痛みが激しいため、その他の脱毛方法が主流になってきたとも言えるでしょう。

毛穴に針を差し込んでそこに電気を流すわけですから、どれだけ痛いかというのは容易に想像できますよね。 それに、1つ1つの毛穴を処理していくわけなので、非常に時間がかかります。 また、ニードル脱毛には高い技術力が必要とされるのです。 より専門的な知識を持った人がいるところで施術を受けるのが理想的です。

エステでもニードル脱毛を取り扱っているところがありますが、やはり医療機関のほうが安全だと言えるでしょう。 医療機関での施術であれば、万が一思わぬトラブルが起きてしまったとしても、医療の知識を持った医師が適切な判断をして対処してくれます。

近年は光脱毛やレーザー脱毛が主流になってきたということもあり、ニードル脱毛を行っているエステやクリニックは減ってきました。 確かにニードル脱毛はキレイな肌を手に入れることができる方法ではありますが、痛みと高い費用に耐えられる人でなければ行うことが難しい方法でもあるので、他の方法とも比較してから決めるといいですね。


アンダーヘアの脱毛範囲

エステでのアンダーヘア脱毛が気になっているけれど、全部脱毛されるのは困るという人が多いはずです。 範囲については自分で決めることができるので、VIOラインの脱毛をお願いすると、勝手にアンダーヘアを全て脱毛されてしまうということはありません。

Vラインのみ、Iラインのみ、Oラインのみという脱毛も、もちろんOKです。 例えば、Vラインの脱毛をするにしても、どこまで脱毛をしてどこまで残すかというのは自由に設定をすることができます。

全てを脱毛しなければならないというわけではないので、ほんの少しだけ脱毛をしてアンダーヘアが目立たない状態にしたいという要望も叶えることができるのです。 リクエストを聴いてもらえるわけなので、まずは自分でどのラインまで脱毛をしたいと思っているのかよく考えておく必要があります。

VIOラインの脱毛をする場合に注意しておかなければならないのが、各エステサロンによってアンダーヘア脱毛できる部位が違うということです。 例えば、Vラインには対応しているもののIラインやOラインには対応していないところもあります。

また、Vライン、Iライン、Oラインと分けられているところでは、それぞれを別のコースとして設定しているわけなので、3コース分の費用がかかることになります。 この設定はエステサロンによって変わるのですが、VIOラインとしてではなく、アンダーヘア脱毛コースやハイジニーナ脱毛コースという形でまとめてアンダーヘアの脱毛ができるところもあります。

アンダーヘアの脱毛をすることで、ムダ毛が気にならなくなります。 アンダーヘアが毛深いと、温泉に入ったりするのが恥ずかしくなってしまいますよね。 また、普段は人から見えない部分をしっかりお手入れしているということは、女子力アップにも繋がるようです。 アンダーヘア脱毛をして自分に自信を持つことができるようになったという人も多いです。