キャッシングが家族にばれない方法

家族などに知られずにキャッシングをしたいと考えている方は多いのでは ないでしょうか。

借りる時は内緒で借りることができたけれど後からばれてしまっては元も子も ありません。

キャッシングをしていることが家族にばれる理由でいちばん多いのが郵送物です。 消費者金融を利用する際には契約書やカードの郵送はキャッシング業者の名前ではなく 別名義で郵送されてきます。

郵送物はぱっと見た感じでは消費者金融からのものとはわからないようになって いるのでばれることはないのですが、家族が受け取ったり、ポストで確認をされてしまうと ばれてしまう可能性はあります。

消費者金融などの会社ではさまざまな事情を考慮して家族にばれないような配慮や サービスをしてくれます。
キャッシング審査の基本

たとえば、A社ではカードや契約書の郵送に関してあらかじめ日時を指定できるサービスを 行っています。

また、郵送なしで借入をすることができるのをご存知でしょうか。

それは無人契約機やローン契約機で契約をするという方法です。 これらは大手の消費者金融であればほとんどができるようになっています。 審査の申し込みはWEBですることができ、またWEB申し込みの方がスムーズに できるのでWEBでの申し込みがいいでしょう。

審査結果が出た後、契約の手続きを郵送ではなく無人契約機で行いたいとオペレーターに 伝えれば郵送物がなしで契約をすることができます。

契約機でカードが発行されたらすぐに併設されているATMでお金を引き出せるようになります。

上記以外にも郵送物がないように契約をする方法があります。 キャッシュカードにローン機能をセットすると郵送物が届かずにキャッシングを することができます。

ただし、記載した方法で郵送物がないような契約をしても返済が滞ってしまうと 督促の手紙が届いてしまう場合があります。

それらを家族に見られてしまうと問題になってしまうので、返済は毎月きちんと 行うようにしなければけいません。

パートやアルバイトでもお金を借りることができるのか?

勤務形態がパートやアルバイトの場合でも、キャッシングを利用することは可能です。

アルバイトだから…パートだから…と諦めてしまう人が多いと聞きますが、審査に通る可能性は十分にあるので、その理由を説明したいと思います。

まず、貸金業者は収入の多さよりも『毎月安定した収入があるかどうか』を重視します。

勤続年数によって条件が異なりますが、アルバイトやパートであっても収入が安定しているならキャッシングを利用できる可能性大です。

ただ、やはり日本の場合はパートやアルバイトだといつまでその仕事を続けられるのかというところが危惧されるので、借入金額に制限が発生することがあります。

制限が発生すると、本来なら66万借りられるところを10万円ほどしか融資してもらえないことがあります。

総量規制では年収の1/3までの貸付が認められており、年収が200万円の場合は上限が66万円になりますが、アルバイトやパートの場合は「今は年収200万円だとしても来年はどうなるかわからない」と判断されるので、上限の66万円を融資してもらえる可能性が低くなってしまいます。

勤続年数が1年に満たない場合はどのように上限金額が算出されるのかというと、まずは現在の勤め先で発生した給与の平均額を出し、その金額を基に年収をはじき出すことになります。

例えば勤続年数が3か月で、6月の給与が15万円、7月が10万円、8月が16万円だったとすると、平均の給与額は136,000円、年収が163万円、上限が54万円という風になります。

ちなみに、銀行のキャッシングの場合は総量規制が適用されません。 総量規制の上限額以上の融資を受けたい場合は、銀行をあたってみるといいかもしれません。

ただし、銀行は消費者金融よりも審査が厳しくなりますし、消費者金融のほうが手続きがスピーディーです。

また、融資枠が10万円の場合は金利に注意が必要です。 金利は借りたお金ではなく、融資枠に応じて変動します。

融資枠が10万円の人と30万円の人が10万円を借り入れた場合、年利が2%くらい違ってくるので、10万円以上の融資枠を希望したほうが良い場合があります。

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンとは、複数の貸金業者を利用している多重債務者向けのローンです。 複数の借入を低金利で一本化できるので、返済による負担を軽減できます。

複数の貸金業者にいちいちATMから返済するのが面倒だという方や、利息を支払うのが勿体なく感じている方にピッタリです。

例えば、A社から金利18%借入20万、B社から金利15%借入35万、C社から金利18%借入30万の借金があるとします。

おまとめローンを利用するとこれらの債務を1つにまとめることができるので、一本化すると『金利10%借入85万円』という風に、金利が減って毎月の返済を軽減できたり、総額の返済金額を減らせることがあります。

残高スライド元利定額返済方式で上記の条件なら、毎月の返済が30,207円→27,427円、返済総額1,087,478円→987,353円、金利が237,478円→137,353円…と一本化することによって大幅に負担を軽減できることがわかります。

ただし、おまとめローンは返済目的のローンになるので、新規で融資を受けることはできません。 新たに借り入れることはできませんが、金利が安くなる等のメリットがあるので、何としてでも完済したい方にオススメです。

一本化にすると複数社の取引から1社だけの取引に減るので、管理や精神的な悩みを一気に解消することができます。

2010年より前に取引を開始している場合は利息制限法で定められている上限以上の29.2%という高い金利が発生している恐れがあります。

この場合は過払い金請求が可能になるので、過払い金請求をする前におまとめローンを利用すると損をしてしまうことになります。 5年以上返済し続けているのであれば過払い金が発生している可能性が高いので、気になる方は調べてみたほうが良さそうです。

過払い金を請求した人の中には、数百万円の過払い金が戻ってきたというケースも珍しくないので、おまとめローンで負担を軽減したいなら尚更、過払い金請求の存在を無視するわけにはいきません。

メニュー

ページの先頭へ